中学受験で志望校を決定する時期

中学受験をするためには専門の塾に入ることが必要です。うちの子は頭がいいので小学校だけで大丈夫だという人がいますが、中学受験の範囲は広いですし難易度とても高いのでハードな勉強が必要なのです。

志望校を決めていく時期ですが遅くとも小学6年までに決めたほうがいいです。
というのも6年になると志望校別の対策も始まりますし、受験にむけた過去問の練習がはじまっていくからです。その方法ですが偏差値などをみて第一志望から第3志望を決めていくのが一般的です。

子供が志望校を決めるポイントですが、候補の志望校の文化祭や説明会などにいってみることがいいでしょう。
その文化祭で楽しい思いをしたとか、入りたい部活があったのかなどの経験が志望校を決めるポイントになりますし、モチベーションにもなるのです。やる気のスイッチがはいることで、とたんに成績が上がるということもよくある話です。

ですから、まずは志望校に入りたいという気持ちにさせることも中学受験を成功させるためにとても重要なことともいえるのです。
さらに中学受験にはかなり費用が必要となります。

また私立中学にはいったときにもかなりのお金がかかってきます。

入学してからこんなはずではなかったということにならないように親は、ある程度の計画を立てておいたほうがいいのです。学費だけでなく、雑費もいろいろかかるのが中学受験ですから、準備は必要になってくるのです。さらに精神的な支えも、親がやる必要があります。