より良い学習環境を得たいのなら、中学受験二次募集にも注目です。

中学受験はエリアごとに、短期間のうちに多くの学校が入学試験を実施します。そのため体調を崩してしまったり、あるいは緊張のために実力を出し切ることができず、残念ながら志望していた中学の合格を得られなかったお子さんも少なくありません。

長い時間をかけて受験の準備をしてきただけに、親子共に悔しく、残念な気持ちであることは、想像に難くありません。

志望していた中学での合格を得られなかった場合に、近隣の公立校への進学準備を進めるのではなく、気持ちを切り替えて中学受験二次募集に挑戦されてみてはどうでしょうか。

そもそも私立の中学を目指した理由は、より良い学習環境で勉強させたいとお考えになったからではないかと思います。またお子さんも同様に、それを希望されたに違いありません。

中学受験二次募集を行っている中学の中には、試験科目が国語・算数の2教科だけのところも少なくありません。
理科・社会の場合はスクールカラーの強い問題が出題されることが多いのに対して、この2教科の場合にはストレートに学力が判断される傾向があるため、過去問などを解き込んで傾向と対策を研究せずとも、得点を得られる可能性が高いと言えます。

二次募集を行っているところは決して少なくありません。
入試などの情報については、塾などで最新の状況を確認することができます。
各校共に締切が設定されていますので、親子共にもう一度挑戦してみようという気持ちが少しでもあるのなら、早めに相談すると良いでしょう。