中学受験の志望校別講座について

親にとって子供の教育は頭に痛いところですが将来学歴をつけてほしいと中学受験させる親はいます。
中学受験をするためには専門の塾にはいることが必要です。

よくうちの子どもは頭がいいので、小学校の勉強だけで大丈夫という親がいますがそんなに簡単なものではありません。
進学塾にはいると勉強はとてもハードになるのでそこで学ぶことも多くなります。

多くの生徒は小学4年から勉強をはじめ6年で受験ということになります。
4年では通常の授業のほかに定期テストや模試などをやりながら力をつけていくのですが、6年生になると、いよいよ志望校をそろそろ決める段階となっていきます。

それは6年生の春以降は、志望校別講座がはじまったり夏以降になると過去問をやり受験に備えていくからです。
6年生ともなると本当にやることが沢山になっていくので大変ですがそれでも合格を目標にしっかりと勉強していくことになります。

合格のために必要なことはいろいろありますが苦手な科目をつくらないということが大切です。
ただ、すべての子供がすべての科目で平均的な点数を取れるというわけではありません。

男の子の中には国語が苦手という子が多く、女の子は算数が苦手という子も多いです。
そのため家庭教師をお願いして苦手科目の強化をやる子もでてくるのです。

こうしたことからも、中学受験には費用がかなり掛かるということになりますし、中学に入学してからもお金がかかりますから計画的に考えなくてはならないのです。

中学受験で志望校の変更をする時期

親にとって子供の教育は頭が痛いことですが将来、子供に学歴をつけてほしいと思って中学受験させることがあります。

一般的に中学受験をさせるには中学受験専門の塾にいれることが必要です。
なぜなら中学受験の範囲というのは公立小学校で習う内容よりずっと広いということと難易度も高いからです。
そこで、国語、社会、理科、社会の4教科を学んでいくことになりますが、定期テストや模試などをやるので、成績がでます。

小学4年生くらいででた偏差値で志望校を決めてしまうのは間違いです。
その後もしっかりと勉強をしたり、ここにどうしても行きたいという志望校が見つかることで、子供のモチベーションが上がり、さらに成績が上がる可能性が高いからです。

ですから志望校の変更は小学6年生くらいでも遅くはないのです。
ただし6年の夏以降になっても受験校が決まらないということではまずいです。

夏以降は入試にむけた過去問をやる時期になっているので、そこまでに決めておかないといけないからです。
ただしっかりと対策をとっていくことで合格が近づくのです。

ただ、中学受験というのは何と言っても小学6年生が経験していくものですから、精神的に不安定になる時期もあります。
ですから、子供だけが戦っているということではなくて、家族みんなで協力して臨んでいくのだということが、成功させるカギと言っても過言ではないのです。
大変ですが頑張ったあとには必ず成果がでるのです。

中学受験で失敗したその後の様子

子の教育というのは頭の痛いところですが、将来子どもに学歴をつけてほしいと中学受験させることがあります。
中学受験をするには中学受験専門の塾に入ることが必要です。それは中学受験の範囲は公立小学校の範囲よりずっと広いということと、難易度も高いのでかなりハードに勉強する必要があるのです。

一般的に小学4年ごろにはいり受験は6年で行います。
そこでしっかり勉強をしていきますが、すべての子が中学受験で志望校に合格できるわけではありません。

どんなに頑張ったとしても自分の息子が失敗してしまう可能性もあるのです。失敗してしまった人のその後はいろいろなパターンがあります。
すっかり失敗をひきずってしまって、公立中学でも勉強に身が入らなくなってしまって勉強をやらなくなってしまったというケースもあります。

一方で、気持ちを切り替えて公立中学でしっかりと勉強を続けて、高校にはいるときに、みごとリベンジを果たすという子供もいます。

どうすれば切り替えられるのかといえば、失敗したときに思いきり泣いたりして悔しいという気持ちをかみしめさえるということも必要です。
思いきり落ち込んだり、泣いたりしてとことん、失敗したことに向き合うことが必要です。

それは親も一緒に泣いたりして気持ちに寄り添ってあげることも必要です。
どんなに努力しても失敗することもあるということを認識させるのです。そういう経験をしたあとでまた勉強を頑張ろうという気持ちがわきあがってくるのです。

より良い学習環境を得たいのなら、中学受験二次募集にも注目です。

中学受験はエリアごとに、短期間のうちに多くの学校が入学試験を実施します。そのため体調を崩してしまったり、あるいは緊張のために実力を出し切ることができず、残念ながら志望していた中学の合格を得られなかったお子さんも少なくありません。

長い時間をかけて受験の準備をしてきただけに、親子共に悔しく、残念な気持ちであることは、想像に難くありません。

志望していた中学での合格を得られなかった場合に、近隣の公立校への進学準備を進めるのではなく、気持ちを切り替えて中学受験二次募集に挑戦されてみてはどうでしょうか。

そもそも私立の中学を目指した理由は、より良い学習環境で勉強させたいとお考えになったからではないかと思います。またお子さんも同様に、それを希望されたに違いありません。

中学受験二次募集を行っている中学の中には、試験科目が国語・算数の2教科だけのところも少なくありません。
理科・社会の場合はスクールカラーの強い問題が出題されることが多いのに対して、この2教科の場合にはストレートに学力が判断される傾向があるため、過去問などを解き込んで傾向と対策を研究せずとも、得点を得られる可能性が高いと言えます。

二次募集を行っているところは決して少なくありません。
入試などの情報については、塾などで最新の状況を確認することができます。
各校共に締切が設定されていますので、親子共にもう一度挑戦してみようという気持ちが少しでもあるのなら、早めに相談すると良いでしょう。

中学受験の1.5次入学試験

高校受験には公立と私立の違いがります。それぞれレベルも違いますが、入学試験のシステムも違います。
入学試験は中学校卒業見込みの生徒に対して筆記試験を実施するわけですが、二日目には面接を行って、合格か不合格かを判定するところもあります。

私立の入学試験に出願する時には、専願と併願、2つのコースがあります。
前者は合格した時には必ず入学すると約束して受験することで、後者は公立高校も受験する人が選ぶ出願方法です。

ある程度、入学する生徒を確保する必要もありますので、前者の出願方法ですと、合格最低点が低く設定されていて、合格しやすいことになります。
私立の入学試験科目は英語、国語、数学の3教科が多くなっています。

推薦で入学する生徒は別にして、募集人数よりも多めに合格者を出すのが一般的ですが、なんらかの理由で合格者全員が入学するわけではありません。
募集人員に対して入学者数が足りないと再募集が行われます。

私立の合格発表の後に公立の入学試験がありますが、その前後に私立の入学試験がまたあります。

公立の入学試験の前に再募集される私立の入学試験を1.5次、公立の合格発表の後に再募集される私立の入学試験を2次と呼んで区別します。
中学でも私立と公立がありますので、私立に入学したい小学生は中学受験をすることになります。

公立中学には入試はありませんので、私立中学で再募集されることはあっても1.5次と2次の違いは無いことになります。

中学受験で志望校を決定する時期

中学受験をするためには専門の塾に入ることが必要です。うちの子は頭がいいので小学校だけで大丈夫だという人がいますが、中学受験の範囲は広いですし難易度とても高いのでハードな勉強が必要なのです。

志望校を決めていく時期ですが遅くとも小学6年までに決めたほうがいいです。
というのも6年になると志望校別の対策も始まりますし、受験にむけた過去問の練習がはじまっていくからです。その方法ですが偏差値などをみて第一志望から第3志望を決めていくのが一般的です。

子供が志望校を決めるポイントですが、候補の志望校の文化祭や説明会などにいってみることがいいでしょう。
その文化祭で楽しい思いをしたとか、入りたい部活があったのかなどの経験が志望校を決めるポイントになりますし、モチベーションにもなるのです。やる気のスイッチがはいることで、とたんに成績が上がるということもよくある話です。

ですから、まずは志望校に入りたいという気持ちにさせることも中学受験を成功させるためにとても重要なことともいえるのです。
さらに中学受験にはかなり費用が必要となります。

また私立中学にはいったときにもかなりのお金がかかってきます。

入学してからこんなはずではなかったということにならないように親は、ある程度の計画を立てておいたほうがいいのです。学費だけでなく、雑費もいろいろかかるのが中学受験ですから、準備は必要になってくるのです。さらに精神的な支えも、親がやる必要があります。

中学受験の志望校が決まらない場合の対処方法

学校を卒業する子供にとっての、一大イベントといえば「中学受験」です。しかしながら、この年齢だとまだまだ自分のやりたいことが決まっておらず、「とりあえず塾に通ったりはしているけど、志望校は決まらない」というような意見の子も多いものです。

そんな時に、親だけ張り切ってしまって「ここはどう?」とか「これはどう?」などと色々と子に勧めては、思春期に入る頃ですから、「うるせえな」などと煙たがられてしまう可能性があります。

例え、そのような流れで行き先が決まったとしても、結局本人のやる気が一番大切なので、最悪の場合中退ということもあり得ます。実際に通うのは本人ですから、「何か学びたいジャンルはあるか?」などしっかりと意見を聞いてみましょう。

受験先の選び方は、学びたいジャンルで決める以外にも色々な方法があります。人によっては「そんなに軽い理由で決めて良いの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その方法も紹介しましょう。

それは、「そこの制服が好みのものか」、「幼なじみの友達が同じ場所に行く」、「男子校、または女子校で楽しく気軽に過ごしたい」、「共学で、女の子または男の子とも仲良くしたい」、「ここに行けばエスカレータ式で高校や大学まで行ける」などの理由で決める方法です。

「将来何になりたいか、そのためにどこを受けるか?」ということは確かに重要なポイントです。しかし、一番大事なポイントは、我が子がそこに行って毎日充実して何かを学び、楽しく過ごせるか?ということなのです。

中学受験を目指すなら、しっかりとした志望校ごとの対策をしてくれる塾を選ぶのがポイント

中学受験を目指すお子さんの場合には、あらかじめご家族やご本人の希望により、早い段階で志望校が決まっている場合も少なくありません。
「どうしても合格して、あの学校の生徒になりたい」という強いモチベーションが、長い期間にわたって勉強を続ける気持ちにつながります。

「学力相当なところなら、どこでも良い」という場合はともかく、どうしても入学したいところがあるのなら、しっかりとした志望校対策をしてくれるスクールを選ぶことがとても大切です。

そのためには過去の試験の分析と今後の試験対策がきちんとできるところを選ぶ必要があり、日能研は志望校ごとの対策が優れていることで、特に評価の高い塾のひとつです。

もちろん合格の目安となる偏差値は重要な指標ですが、それ以上に中学受験ではそれぞれ試験の内容に特徴があり、特に算数の出題にはそれが強くあらわれる傾向があります。

過去の出題傾向に慣れるため、受験を控えた多くの子供たちが過去に出題された問題を解くことを勧められますが、今後の出題傾向の分析となると、やはり長年のデータ蓄積と他校の出題傾向もふまえた分析が必要となり、そうした傾向と対策の分析ができるところは、必然的に限られます。

準備のために長い時間をかけ、親子で取り組むのが中学受験ですが、そのパートナーとなるスクールには、それぞれに個性があり、特色があります。後になって後悔することがないように、受験のパートナーとなるスクール選びは、くれぐれも慎重に行いたいものです。

中学受験お志望校の決め方について

子の教育のことは、なにかと頭に痛いことですが将来学歴をつけてほしいと願い中学受験させることもあります。

中学受験にためにはまずは中学受験専門の塾にはいていくことが必要です。
たまにうつに子は頭がいいので、塾はいらないという人がいますが、中学受験の範囲というのはとても広いということと難易度がとても高いということで塾が必要です。
多くの子は大体小学4年くらいはら入塾して6年で受験ということになります。
その中で定期テストや模試の結果などをみなたら志望校を決めていくのですが、志望校の決め方のポイントは5年生後半くらいの偏差値の値がどの程度かということと、志望校の情報などをしっかり確認して決めることが必要です。

中学受験で入学してある一定の成績をとっていたら高校受験をすることなく高校とさらに大学まで進級できる学校を選びたいということであれがそのようなところを志望校として選んでいくことが大切です。

志望校は子供が行きたいと思うことが勉強をやっていくモチベーションとなるので、とても大事ですが親も一緒によく考えて決めていく必要があります。なぜなら中学受験には多額の費用がかかるからです。中学受験でもお金がかかりますが、その後ずっと私立にいくとなると費用もさらに膨大にかかっていくということになりますから、しっかりとした資金計画をたてていかないと、こんなはずではなかったということになるのです。
また中学受験は過酷ですから精神的な支えも必要なのです。